入園児募集のご案内
  • 日本キリスト教団須磨教会付属

保育理念

当園が大切にしていること

その一つは思いっきり遊ぶことです。

子どもが夢中になって、いきいきと遊ぶことは“生きる力”につながります。

工夫したり、悩んだり、納得するまで繰り返す中で、思考力や想像力、そして意思や徹底的にやり抜く根気が育まれます。

好奇心や探究心を大切に受け止め、子どもの心を動かす保育をしていきたいと願っています。

日々の保育の中では、よもぎ摘みやツバメの雛の観察など四季折々の自然に親しむことも大切にしています。

また、園庭で採れた野菜を使い、みんなでクッキングをするなど子どもたちと共に出来る活動を多く取り入れています。

その中で自然の美しさや不思議さに気がつき、神さまの恵みを知り、その恵みに感謝する心が育まれると考えています。

当園はあえて通園バスや給食を提供していません。

それは登降園の道での親子の会話や作った方の顔が見えてくる手作りのお弁当を通して得られるコミュニケーションも幼児期にはとても大切だからです。

子どもたちにとっては掛け替えのない一生の思い出になると思います。

一人ひとりの輝きを大切に

子どもたちは神さまから命を与えられ、愛されているかけがえのない存在です。

私たちはその個性をありのまま受け止め、尊重することが保育の第一歩だと考えています。

そのため、少人数保育にこだわり、クラス担任だけではなく、全教職員が一人ひとりの子どもについて、理解を深めるようにしています。

そして子どもたちとの信頼関係を築き、子どもたちが自信をもって、自分らしい歩みをはじめることが出来るように絶えず応援します。

神様と人に愛されて

子どもたちは、子どもの日・花の日礼拝、収穫感謝礼拝、クリスマス等のキリスト教の行事や礼拝、日々の感謝の祈りを通して、自分が神さまとみんなから愛されていることに気がつき、豊かな心、友だちのことを思いやる心、喜びを分け合って生きる力を与えられます。

友だちっていいな

友だちと遊ぶ中で子どもたちは自分と他者の違いを知っていきます。

たくさんのぶつかり合いや葛藤を通して悩み、考え、やがて理解し合い“共に生きる”ことを学んでいきます。

認め合い、力を合わせることの楽しさ、喜びを味わうまでの“道すじ”“過程”を大切にしたいと思っています。